一条工務店

【断熱性】一条工務店グランセゾン|Q値(断熱性)は実際高いのか?!

この記事は、一条工務店グランセゾンQ値(断熱性)について解説していきます。

Q値ってなに?必要なの?
Q値とUA値って何か違うの?
グランセゾンの断熱性は高い?i-smartの方がいいって聞くけど・・・

と疑問を抱えている、これから新築を検討される方へ向けた記事にしてみました!

一条工務店のモデルハウスに行くと、必ず説明を受ける内容です(笑)

高性能住宅に興味のある方は、参考にしていただけると嬉しいです!

インスタもフォローお願いします!

Q値(断熱性)とはなにか

Q値とは、住宅の『熱損失係数』を示す数値として、断熱性能を数値で表したものになります。

熱損失係数とは、住宅の窓・外壁・屋根・天井・床・換気システムから、どれだけの熱が室内から外に逃げるかを数値化します。

出典:一条工務店HP

くり
くり
つまり・・・Q値が低いほど住宅から逃げる熱が少なくなるってことですね!
性能厨だんな
性能厨だんな
Q値が高いほど悪く、低いほどいいってことか。
これはもうQ値を徹底的に低くしないと!!!!

私もQ値は低くできるに越したことはないと分かってはいましたが、多額のお金がかかるならどうなんだろう・・・と思っていました。

断熱性能は絶対いい方がいいと思いますが、あくまで『高性能住宅を建てることが最優先なのであれば』というのが私の意見です。

とはいえ、一条工務店では高性能住宅が標準仕様なので、別途オプションが必要ではないことがGOODポイントでした!

断熱性能を高めることでのメリット

ここでは、断熱性能を高めることでのメリットを解説していきます。

冷暖房効率が上がり、光熱費が安くなる
部屋ごとの温度差が小さくなる

冷暖房効率が上がり、光熱費が安くなる

断熱性を高くすることで、外気温に影響されにくくなるので、室温をコントロールしやすくなります。

出典:一条工務店HP <夏と冬の断熱図>

くり
くり
例えば冬だったら・・・エアコン床暖房設定温度が低くても家中が暖かくなるってことか!

小さいエネルギーでの冷暖房が可能になるため、省エネにも繋がりますね。

冷暖房費が安くなる考え方

例えば、Q値が2.01.0の住宅を比較すると、数値としては1/2の差があります。
この差が冷暖房費に関わり、Q値が1/2低くなると、冷暖房費も比例して1/2になるとのことでした。

くり
くり
ここの原理が私はイマイチ理解できませんでしたが、そういうものなんだと理解しました(笑)

部屋ごとの温度差が小さくなる

冷暖房効率がよくなり、家全体に均一な冷暖房が実現できれば、部屋ごとの温度差も小さくなります。

家の中での温度差がなくなればヒートショック現象対策もできるので、私的にはこのポイントは嬉しかったです!

出典:一条工務店HP

一条工務店の『全館床暖房』は、見事に部屋ごとの寒暖差がなくなり、こんな暖房設備があるんだと感激しました(笑)

くり
くり
冬場の夜中トイレとか地獄ですよね・・・。今年の冬は全館床暖房の我が家で過ごせそうで嬉しいです(笑)

断熱性を高めるためのポイント

断熱性を高めるため注目した方がいい『3つのポイント』を解説します。

断熱材
窓サッシ
換気システム

断熱材

住宅の断熱材には大きく2種類あります。

繊維系断熱材(わたわたのやつ)

グラスウール
ロックウール

発砲系断熱材(発砲スチロールみたいなやつ)

ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)
ウレタンフォーム

上の4つは耳にされたことがある方が多いのではないでしょうか。特にグラスウールは大手ハウスメーカーがよく使用していますね!

断熱材による断熱性能の違いを見ていくと・・・

断熱材熱伝導率(W/m・K)
グラスウール(32k)0.050
ロックウール0.036
ビーズ法ポリスチレンフォーム(1号相当)0.032
ウレタンフォーム0.029

熱伝導率(熱の伝わり方)だけ見ると、ウレタンフォームが優れた断熱材に見えますね。

ただ住宅の断熱材は、ハウスメーカーによって『断熱材の種類』も違えば、『断熱材の厚み(密度)』も違います。

結局は、熱伝導率が高い断熱材でも、厚みや密度次第ではウレタンフォームを超える可能性があるということだと私は理解しました!

くり
くり
現に大手ハウスメーカーは、グラスウールを使用しているところが多いですが、グラスウールの密度は会社によって様々でした!

上表赤字の『ビーズ法ポリスチレンフォーム(1号相当)』は、グランセゾンをはじめとしたI-HEAD工法で、『ウレタンフォーム』はi-smartをはじめとした2×6工法で使用されています。

窓サッシ

窓サッシは断熱性を高める上で、一番大事なポイントだと言われています。

出典:一条工務店HP

より断熱性の高い窓を目指すためには、下のポイントを抑えるといいと思います。

窓枠の種類(アルミ・樹脂・木)
ガラスの枚数(シングル・ペア・トリプル)
ガラスに充填される物質(空気・アルゴンガス・クリプトンガス)

(→右にいくほど断熱性能が高くなります)

一条工務店の窓サッシは、樹脂サッシトリプルガラスクリプトンガスとなります。

出典:一条工務店HP

くり
くり
木製サッシが一番断熱性能が高いですが、メンテナンスがかかることを考えると、一条工務店の窓サッシは一番ベストだと思います(完全に信者)

換気システム

換気システムも断熱性を高める上で大事な要素です。

全ての住宅に機械式の24時間換気システムの設置が義務付けられており、以下の3つ方法に分けられます。

第1種換気(給気・排気共に機械換気)
第2種換気(給気のみ機械換気で排気は自然)
第3種換気(給気は自然で排気のみ機械換気)

くり
くり
住宅で採用されるのは、『第1種換気』または『第3種換気』が多いです。

コストが安いことから、『第3種換気』を採用しているハウスメーカーが多いですが、最近では『第1種換気』を採用しているところが多くなってきたみたいです。

機械給気すると、PM2.5のような有害物質花粉を除去できることが理由みたいですね!

出典:一条工務店HP

一条工務店では、『ロスガード90』という換気システムが標準で採用されます。

上の図にもありますが、給気と排気を箱型の機械で全て行います。

しかも、給気するときにPM2.5や花粉を99%除去するらしいです・・・。

くり
くり
花粉症の私には嬉しすぎる仕様!恐るべし一条(完全に信者)

ここからが換気システムの断熱性能に関わる部分です。(すみません、前置きが長くなりました・・・)

換気時に『熱交換できるか』がポイントです!

出典:一条工務店HP 温度交換のイメージ(冬)

冷たい外気を給気する時に、温めて室内に入れるって凄くないですか?!(笑)

くり
くり
一条工務店の設備は感動の連続だったのを思い出します(笑)

Q値とUA値

一条工務店で検討されている方オーナーの方であれば、耳にしたことがあるかと思いますが、『Q値』と『UA値』ともに断熱性能を表す数値となります。

Q値の特徴

Q値が低いほど断熱性能が高い
ただし、住宅の床面積が広いほど数値は高くなる(悪くなる)
つまり、住宅によって数値にバラつきがある
換気効率が数値に反映される

一般的に公表されているQ値は予測値であり、建てる住宅によって数値は異なるということですね!

くり
くり
一条工務店では、Q値の測定もしてもらえるという噂を聞きましたが、実際どうなんだろう・・・?
UA値の特徴

現在の省エネ基準とされる数値であり、UA値を公表しているハウスメーカーが多い
UA値が低いほど断熱性能が高い
住宅の断熱面(外側)の断熱性能の平均値が数値化される
つまり、床面積の違いなどによるバラつきがなくなる
換気効率が数値に反映されない

UA値は、建物の広さや形状に左右されない数値であることから、Q値に代わり『省エネ基準』として扱う数値になったんですね!

ただ、UA値には換気効率が全く考慮されていないので、『夏涼しく、冬暖かい』住宅を目指す方の指標にはしづらい気がします。

UA値で住宅のおおまかな断熱性能を確認して、Q値で生活の快適さを確認するといった感じでしょうか。『どちらかがいい』ではなく、両方の数値がいいのがベストだと思います。

Q値|グランセゾン vs i-smart

はい、不毛な争いシリーズです(笑)

i-smartは言わずと知れた『性能おばけ』として、一条工務店のラインナップで1番の断熱性を誇っています。

項目グランセゾンi-smart
Q値0.980.51
UA値0.380.25
断熱材の種類ビーズ法ポリスチレンフォームウレタンフォーム
断熱材の厚さ12cm19cm
断熱方法内断熱外内ダブル断熱
窓サッシトリプル樹脂サッシトリプル樹脂サッシ
換気システムロスガード90ロスガード90

Q値・UA値において、i-smartが圧勝ですね!

こうして見ると、赤字で記した断熱材や断熱の違いが影響しているように感じますね。

くり
くり
完全に素人解説なので、それ以外の要素があったらごめんなさい(泣)

グランセゾンも全体的に見ると、かなりの高性能住宅であるのは間違いないです。デザインと性能が両立できる点がグランセゾンの満足ポイントです!

だからこそ『グランスマート』の登場が悔しい(これ何回言うねん)

この記事のまとめ

Q値とは住宅の断熱性能を表す数値(低いほどいい)
断熱性能を高めることで冷暖房費が安くなる
プラス過ごしやすい居住空間が作りやすくなる
断熱性能を高めるポイントは、断熱材・窓サッシ・換気システム
Q値とUA値はそれぞれがいいとベスト
i-smartはやっぱり性能おばけだった
グランスマートの登場はやっぱり悔しい

くり
くり
こんなに長い記事になったのに、最後まで見ていただきありがとうございました(泣)たらたら書いていたら累計8時間くらいかかりました(泣)
下のバナーをポチッとお願いします!
私のブログが上位にランキングされます(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
インスタもフォローお願いします!